女性らしく豊かでハリがあり、形の良いバストに憧れて豊胸手術を考える人の多くが、失敗や効果をするのではないかと悩んでいます。
実際に豊胸手術を選んだ人の失敗談を知ると憧れのバストになることができるメリットばかりではなく、デメリットも知ることができるので、自分にとってのベストな豊胸を選択するヒントになります。
色々な選択肢の中から自分に合う方法を選んで、後悔しないようにすることはとても大切です。

豊胸手術の種類とメリットとデメリット

バストの大きさや形で悩んでいる人が、理想のバストに近づくための方法のひとつに豊胸手術があります。
手術の方法はいろいろあり、費用や手術跡などもそれぞれで異なります。
1~2カップ程度のバストアップを目指している人に選ばれているのが、ヒアルロン酸注入です。
注射器を使って乳腺の下にヒアルロン酸を注入する方法で、メスで皮膚を切らないので注射針の後だけで済みますが、効果の持続期間は約2年程度が一般的です。

自分自身の余分な脂肪を吸引してバストに注入する脂肪注入は、脂肪の多いところから自分の脂肪を取り出して胸に入れるためメリハリのあるボディラインに近づくことができ、手術の跡も2~3ミリ程度で目立ちにくく、やわらかく自然な仕上がりになります。
自分の脂肪を培養したり、選別したりすることもあり、費用がヒアルロン酸注入よりも高くなることが多く、脂肪がすべて定着するとは限りません。

わきの下を切開してシリコンバッグを挿入する豊胸手術は、最近では柔らかくて手触りの良いシリコンが登場しているため、再び注目されている方法です。脇のしわにそって切るため手術跡は残りますが目立ちにくく、効果はずっと続きます。

豊胸手術をして後悔した人の失敗談

比較的気軽に受ける人が多いヒアルロン酸注入は、もともと体の中にある成分なので安全性が高いのですが、大量に注入してしこりになったという人がいます。体が異物を排除しようとしてヒアルロン酸を被膜で覆ってしまうためにしこりになり、除去することにしたそうです。
自分の脂肪を使って行う脂肪注入も、比較的安全性が高い方法なのですが、体が受け付けずに細胞が壊死してしまうことがあるようで、痛みや赤みが出たりしてきて洗浄や再手術が必要になる場合があり、取り除くための手術痕が残って後悔したという人がいました。
意外と多いのが、たくさんの脂肪を注入したはずなのに、体の吸収されてしまって思ったほどバストアップできなかったという場合です。
高い手術代をかけたのに、豊胸できなかった後悔は大きいですよね。

シリコンバッグの挿入で多いのが、バストがかたくなってしまったり、転んだり、強く胸を打ったりしたときに破裂するというトラブルが起きて再手術になることで、シリコンバッグを入れたために取り出さなければならず、手術跡だけが増えて後悔するということがあるようです。

豊胸手術をして時間がたってからの後悔も

豊胸手術の結果に満足して、豊かな胸でおしゃれを楽しんだり、自分に自信がついたという人も多いのですが、手術後は満足度が高くても時間がたってから公開するという人もいました。
ヒアルロン酸を注入してさりげなくサイズアップに成功したものの、2年くらいすると元の大きさにしぼんでしまうので、メンテナンスが面倒だし、費用も結果的には膨らんでいく、いつやめたらよいのか分からないという悩みが生じることは多いようでした。

シリコンバッグを挿入した人は、ボリューム感に満足していたけれども、年を取ってきたらだんだんと胸だけが若くてバランスが悪くなってきたり、高齢者になっても胸だけが大きくてハリがあるのが怖くなったりして除去するという人もいました。
またシリコンバッグには耐用年数があるので、入れ替えをするときに小さなサイズにしていったりしているが費用が掛かって大変という場合に除去を選ぶ人も多かったです。
かたくなってしまったために数年で除去することになることも、選ぶシリコンバッグの品質によっては意外と多いと言われています。

術後の痛みが強くて後悔したケースも

豊胸手術をする前の説明では、筋肉痛のような痛みと聞いていたのであまり深く考えなかったのだけれども、実際に手術をしてみると手術跡の痛みとともに何とも言えない痛みがあって結構つらかった、マッサージをする時の痛みが強くて涙が出てくるほどだったけれども、しないとかたくなると言われてこんなにつらいならしなければよかったと後悔したというケースもありました。

手術をするのだから多少の痛みがあることは、説明を受けているはずだし、納得もしているのだと思いますが、思っている以上の痛みがあって後悔するケースもあるようです。
手術自体が失敗したという訳では無くても、痛みは誰でも嫌ですし、思っていたよりも強かったら日常生活にも支障が出そうです。
長い人では数か月ほど痛みが続くこともあるようなので、手術をするタイミングを選んだり、痛みが強いこともあると理解してから決めた方がよさそうだと思いました。再手術になると、また痛みとの戦いになるのも理解しておいた方がよさそうです。

まとめ

豊胸手術をすると胸の大きさや形の悩みを解消できるというメリットが取り上げられることが多いのですが、実際には高額な費用が掛かったり、メンテナンスや術後の痛みに悩まされたり、トラブルなどが起きることがあります。それぞれの手術にメリットとデメリットの両方があり、後悔した人もいるということを知ってから、豊胸手術をするかどうかをしっかりと考えて選択することが大切なポイントです。