豊胸手術を受けることで、乳がん検診が受けられなくなるという噂があります。
胸に異物が入っているために診断がつけにくい、シリコンバッグが破裂してしまうと言われることがあるのですが、実際に受けることができないとなると、定期的に受けていた場合と比較して将来的にがんにかかるリスクが高くなってしまいます。
豊胸手術と術後のがん検診についての知識を正しく知ってから、手術を選択するようにすることがおすすめです。

女性のがんとがん検診

女性は、体の構造により乳がんや子宮がんなどの病気にかかることがあります。
一般的には高齢になるほど発症するリスクが高まるのですが、女性特有のがんの場合20代~40代の比較的若い人でもかかることが増えてきています。特に乳房の乳腺組織にできるがんは、日本人の女性が罹患するがんの中で最も多く、20代から徐々に増え始め、40代後半から50代でピークを迎える傾向があります。
30代になると急激に増加することが特徴となっているので、30歳からは乳がん検診が推奨されています。

がんの大きさが5㎜~1cmくらいになるとしこりとして触れることがあり、乳頭からの異常分泌や乳頭や乳腺がただれて分かることもあります。早期発見をすると比較的予後が良く、手術をして取り除くことができる場合が多いので、がん検診を受けることが大切です。
1年から2年に一度は専門のクリニックでエコー検査やマンモグラフィ検査、触診などを受けることをおすすめします。

豊胸手術が及ぼす影響

女性ならかかるリスクがある乳がんは豊胸手術をすることによってリスクが高まるという噂がありますが、実際には関係が無く、がんの発症率が高くなることはありません。
また豊胸手術をするとマンモグラフィ検査などを受けることができなくなるという噂もありますが、実際には検査することができます。

シリコンバッグが押しつぶされて体内で破裂する、エコーをかけると変形したり、破裂することがあるなどと言われているのは、知識がない人の想像による噂であり、専門のクリニックでは実際に手術で胸を豊かにした人でも受けることができています。
集団検診などで、断られることがあったりする場合がありますが、専門のクリニックでの検査をすすめているということです。
正しく診断をするために整形手術の有無などが確認されることがあるため、検査ができないという印象を持つ人がいるようです。
豊胸手術で乳がんの発生率が高くなったり、検査ができなくなったりすることはありません。

専門医を受診して早期発見することが大切

日本人女性の12人に1人が掛かると言われている乳がんですが、早期に発見することで治癒率が高いため、30歳からは毎年乳がん検診を受けることが大切です。豊胸手術を受けることで乳がんになることも検診を受けられなくなることもありませんが、手術を受けたことが知られてしまうのが恥ずかしい、断られるのではないかと不安という女性も多いようです。

乳房専門のクリニックでは、専門医が術後の管理から検診までトータルで検査や診察を行ってくれ、豊胸手術への理解もあるのでおすすめです。ヒアルロン酸注入や脂肪注入、シリコンバッグ挿入についての正しい知識や注入成分などについて正しい知識を持っている専門医なら安心です。がんを発見するだけでなく、シリコンバッグやヒアルロン酸の状態を確認したりすることもできるため、アフターケアも同時にできるということになります。
豊胸手術をするときに、術後の検診までトータルで行ってくれるクリニックを選んでおくと安心です。

見つけにくいがんも早期発見が期待できる

乳房専門クリニックには、近年若い女性でかかる人が多くなっている非浸潤がんを発見することが期待できる検査機器を備えているところがあります。
通常は周辺の組織に心中しながらしこりになっていくことが多いのですが、非浸潤がんは周辺の組織に関係なく乳管の中を広がっていくため触診をしても、超音波検査をしても分かりません。
マンモグラフィ検査で小さな砂のような石灰化を観察しながら、コンピュータで監視を行い組織を採取することができる最新機器があれば、診断することができるので、乳房専門のクリニックがおすすめなのです。

豊胸手術をしている場合でも受けることができ、他の検査で疑いがあっても確定診断ができない場合や良性・悪性の診断が難しくてつかない場合などに適用することが多い方法で、近年若い人に多い非浸潤がんの場合には、スピーディに診断を行うことが早期発見につながるので、疑いがある場合の検査として大変有効な最新機器です。

まとめ

豊胸手術を受けていると、マンモグラフィ検査を受けることができないと言われることがありますが、実際には実施することができます。乳房専門のクリニックなら安心して乳がんの早期発見のための検査を受けることができ、疑いがあった場合にはさらに最新機器による精密検査が可能です。
豊胸手術の経過も同時に観察することができるため、豊胸手術を行う場合には、検査にも対応していることを確認してクリニックを選びましょう。