バストにコンプレックスを抱えている人は、マッサージ等で対処できないかと考えますが、痩せている人は効果が出にくいのでセルフケアでは不可能だと諦めてしまうことがあります。
自力でバストアップできない時には豊胸の施術を受けるのが一般的ですが、本格的な施術となると少し怖いという気持ちも出てきます。
また、巷では豊胸に関して怖い噂もありますので、真相を確かめずに行うのは躊躇してしまいます。

LEDで光るという噂の真相

豊胸した胸にLEDライトを当てると、その部分が光るという噂があります。
これは具体的に実践した動画などもあり、確かに光っていることがわかるので、これから豊胸を受けようと考えている人にはとても気になりますね。

LEDを使うとわかるのは、シリコン挿入による施術を行った場合です。
LEDを胸に強く押し当てると、シリコンがランプのように浮かび上がります。これだけを聞くと豊胸は受けられないと思ってしまうかもしれませんが、実は乳腺と皮下脂肪の厚みによっては光らないこともあります。また、弱い光では反応しませんので心配はいりません。

既に受けてしまった人は、光ることでバレてしまうとわかると不安になりますが、光らないケースもあるのなら少し気持ちが楽になりますね。人にLEDを当てられて知られてしまう不安を持ち続けるくらいなら、まずは自分で試してみましょう。
試してみたら、全く光らずに心配が要らないと気づくこともあります。

日常生活の中でバレることはない

少し考えれば分かりますが、日常生活の中でバレることはあまりありません。というのも、強いLEDを押し当てられること自体がないからです。もしLEDを用意しているとしたら、それは明らかに豊胸であることを以前から疑っていて確かめたいと考えている場合ですので、ほとんどの人はそのような状況には陥らないと考えるのが普通です。
偶然LEDが当たることも考えにくいので、それほど心配はしなくても大丈夫でしょう。

更に言うと、シリコンを使うのは豊胸だけではありません。
乳がんの手術を行って、シリコンインプラントを使った再建を行った場合も同じように光るため、詳しいことを知らなければ何が原因なのかが分からないはずです。乳がん等の病気の話題は非常にデリケートですので、軽々しく指摘するものではありません。

面白半分でこのような噂を実証してみようと試みる人もいるかもしれませんが、こうしたデリケートな問題では慎重に行動することが求められます。

心配な人は別の施術を検討しよう

ほとんどのケースではバレる心配がないと分かっても不安が残る人は、別の施術を選びましょう。
今はシリコンにこだわらなくても、たくさんの方法が用意されています。

人に知られるのが怖いのですから、傷跡が残らない方が良いですよね。そのような時に試したいのがヒアルロン酸を注入する方法です。
ヒアルロン酸を注射で入れるだけですので、傷跡が目立ちません。
直後に針の跡が分かっても、時間の経過と共に気にならなくなりますので、誰にも知られずにこっそりと行いたい時にピッタリです。

ヒアルロン酸の注入は非常に気軽な施術であるため、最近では受ける人が増加しています。
確かに元々体内にあるヒアルロン酸を入れるのなら体への影響も心配はいりませんし、注射だけで済むというのも魅力ですね。
技術が進歩しても手術までは受けたくないという人もまだ多いので、こういった手軽な方法を求める人は少なくありません。
実際に体への負担も少ないので、心理的なハードルは低くなります。

自分の脂肪を注入する方法も

施術を受ける人の体から脂肪を抽出してバストに注入する方法もあります。この施術の最大のメリットは、余分な脂肪を減らしつつバストアップができることです。理想のプロポーションを作るには、バストを大きくしたり整えるだけでなく、減らしたい部分もありますよね。
そんな時、この施術なら気になる部分のサイズダウンもできます。
注入する脂肪は施術を受ける人自身のものですので、体への影響も心配はいりません。自分の組織にこだわりたい人にピッタリの方法であり、生着率が高いこともメリットです。

気になる傷跡ですが、脂肪を採取した箇所に数ミリ程度の跡ができます。ただし、数か月が経過すれば目立たなくなります。
注入部分は注射による跡ですので、術後でも全く目立たず安心です。

生着率に優れた脂肪注入方式は、傷跡が少ないことも注目される理由です。ヒアルロン酸と同じように体への負担がほとんどありませんので、身体的なリスクは最小限で済みます。

まとめ

豊胸にまつわる噂で、LEDを当てると光るのは本当のことです。ただし、シリコンを入れなければ光りませんので、シリコンを使わない他の施術を受ける方法もあります。日常生活でバレることはほとんどありませんが、不安な人はヒアルロン酸注入や、施術を受ける人から採取した脂肪を注入する方法を選びましょう。どちらも傷跡があまりありませんし、体への負担も小さいので安心して受けられます。

豊胸手術に関して参考にしたサイト
豊胸術から乳がん検診まで|バストの総合医療ナグモクリニック
TEL:0120-50-6553
HP:https://www.nagumo.or.jp/biyou/